病院

がんの転移を事前に防ぐ|早期発見のためにも健康診断を

胆のうの悪性腫瘍

看護師

原因と予防

右上腹部に存在する胆のうは、胆管の途中にある袋状の臓器です。胆のうや胆のう管に発生する悪性腫瘍のことを胆のうがんと言います。悪性腫瘍以外にも、腺腫やポリープなどの良性腫瘍も発生することもあります。胆のうがんが発生する原因は、胆石、高齢、膵胆管合流異常などです。胆管に胆石が存在している場合、そのうち約1割程度が胆のうがんを発症すると言われています。胆のうがん患者の場合では、半数以上の患者に胆石が存在しています。膵胆管合流異常とは、胆管と膵管が合流する部分に見られる先天性の異常のことです。膵管内の膵液が胆管に逆流するために胆のうがんになりやすいとされています。これらの原因以外にも、食生活の乱れによっても胆のうがんを発症する可能性が高くなると言われています。特に脂っぽい食事を好んで食べている人は注意が必要です。魚、野菜、果物などを積極的に摂取することで、発症リスクを下げることができます。

胆のうがんは他のがんと同じように40歳代から発症リスクが高くなり、50歳代から急激に患者数が増加し、死亡率も高くなります。高齢化社会に突入している現代においては、必然的に患者数も増加傾向にあると考えられます。しかし、医療の進歩によってがんの早期発見確立が格段に上がっているため、初期段階での治療を行えるようになってきています。胆のうがんは初期症状が乏しいため、発見が遅れることが多いとされていますが、健康診断や人間ドックなどを忘れずに受けていれば、早期に発見することができるので、すぐに適切な治療を受けることができます。最近では健康志向の人が増えていることもあり、胆のうがんをはじめとしたがんの早期発見率が非常に高くなっています。これから先も健康志向の人が増えると予想されるため、胆のうがんによる死亡数は減少していくと考えられます。

Copyright © 2016 がんの転移を事前に防ぐ|早期発見のためにも健康診断を All Rights Reserved.