病院

がんの転移を事前に防ぐ|早期発見のためにも健康診断を

再発や転移はがんの特徴

困る

転移は悪性の象徴

がんは早期発見を行い早期に治療することでその後の生存率が高くなっています。しかし早期の治療を行っても再発する可能性がある厄介な病気なのです。再発はがんの細胞をすべて取り切れずに再び発症してしまうことです。同じ場所に成長しがん細胞が大きくなるケースや、違う場所に転移する場合もあります。転移がんは転移する性質を持ったがん細胞です。がん細胞には転移する性質を持ったものと転移する性質を持たないがんがあります。転移がんはがんの中でもたちの悪い悪性のがん細胞になります。がん細胞は眼に見える程度になると既に数億のがん細胞を持っています。そのためいくら早期発見といっても肉眼で見える程度のものを指すため、すでに転移する可能性は高くなっているのです。

部位によって転移率は違う

がんの再発にしても転移がんにしても、その進行速度はがんの性質や患者の年齢などによって異なります。しかし転移をする性質を持っているがんは一つ目の癌細胞の切除手術を行った際にはすでに他の臓器に転移して成長を始めている場合もあります。その場合には数年後に再びがん細胞として見つかることになります。がんの種類により転移がんである可能性の大小があります。皮膚がんや前立腺がん、甲状腺がん、乳がんなどは転移する可能性の高いがんです。一方すい臓がんや胆のうがん、肝臓がんなどは転移する可能性の低いものとなっています。再発すると生存率は極めて低くなります。それが転移によるものであればさらにその先も転移する可能性が高く、生存率が低くなるのです。

Copyright © 2016 がんの転移を事前に防ぐ|早期発見のためにも健康診断を All Rights Reserved.