病院

がんの転移を事前に防ぐ|早期発見のためにも健康診断を

咽頭にできるがんとは

病院

咽頭がんは、自覚症状があらわれないことが多く、あらわれた時には病気がかなり進行していることが考えられます。咽頭がんの症状は、それが発症した咽頭の部位によって違ってきます。咽頭の上部にがんが発症すると、視力が落ちたり難聴や耳鳴りなどの症状があらわれます。また、脳神経が麻痺する場合もあり、そのため頭痛や神経痛などの症状が引き起こされたりします。それに痛みがひどくなり、食べ物を飲み込めなくなったりもします。扁桃腺のある中咽頭にがんができると、扁桃腺に炎症が起こり痛みを伴う腫れが起きます。咽頭の下部のがんは、呼吸を阻害したり声枯れを引き起こしたりします。それに首のリンパ節に転移したりしてしこりができることもあります。

一般的ながんの治療は、外科療法でがん細胞を切除する手術が行われます。咽頭がんの場合は、放射線療法や化学療法がおもに行われます。それは、咽頭がんがほかの部位のがんと違って放射線や抗がん剤の効果が高いという利点があるからです。それに、咽頭が呼吸や発声、食物を飲み込んだりする機能を持つのでそれをなるべく損なわないためでもあります。放射線療法は、がんの腫瘍に放射線を照射してがん細胞を死滅させることができます。がんが小さい場合はレーザー照射をすることもあります。化学療法は、抗がん剤を使って治療していく方法で、放射線療法と合わせて行う場合もあります。がんが大きい場合は、外科療法でメスを使った手術が行われます。

Copyright © 2016 がんの転移を事前に防ぐ|早期発見のためにも健康診断を All Rights Reserved.