医者

がんの転移を事前に防ぐ|早期発見のためにも健康診断を

手術判断が大事

医者

性質はわからない

がんで最も恐ろしい事象は、転移することです。がん細胞は、どこかの臓器で生じたのちに永遠とその場所にとどまるケース、そして他の臓器に転移するケースがあります。転移は、血液やリンパ節に乗って他の部位へ移動しますが、元となるがんがかなり進行していないと血液やリンパに乗ることはできません。そのため、がんの初期状態で完治の見込みがあります。がんが転移する前に早期発見と早期治療を行なうのがベストです。がんの早期発見のためには、定期的な健康診断が必要です。人間ドックや特定検診などを活用して、健康維持に努めましょう。

手術には判断が必用

がんの治療には決断と判断が必要になります。転移するかどうかは検査時点では把握することはできません。そのため、実際に外科手術を行うか、細胞を摂取するなどの検査が必要になります。がんが転移していた場合、治療が不可能だと悲観的になる人もいますが、それは早計です。現在、転移したがんの治療も開発されています。それは、免疫療法です。がん治療というと、放射線治療や化学療法、手術療法が一般的ですが、新時代の治療として注目を集めているのが、免疫療法です。免疫療法は、自分自身の身体の免疫システムを強化することでがん細胞を退治する治療方法です。また症例は少ないですが、転移したがんにも有効だとして注目を集めています。ナチュラルキラー細胞や樹状細胞などを活性化させることで、異常な細胞であるがん細胞を死滅させます。治療での身体負担が最低限となっているため、体力のない子供や高齢者でも安心して実践できる治療だといえます。

咽頭にできるがんとは

病院

咽頭がんは、自覚症状のない病気で、それがあらわれた時には病状が進行している場合があります。がんの発症する咽頭の部位によって症状は違ってきます。治療はおもに放射線療法と化学療法が行われ、がんが大きい場合は外科療法が行われます。

もっと読む

胆のうの悪性腫瘍

看護師

胆のうがんは胆管の途中にある胆のうという袋状の臓器に発生する悪性腫瘍です。胆石、加齢、膵胆管合流異常、食生活の乱れなどが原因となって発症します。高齢化に伴い、患者数は増加してくとも考えられますが、医療の進歩によって早期発見が可能となったため、死亡率は低くなると予想されます。

もっと読む

再発や転移はがんの特徴

困る

がんの一番恐ろしいのは転移をすることです。がんの再発には二種類あり、手術ですべての癌細胞を取り除くことができずに同じ場所に再発するもの、そして血液やリンパによって運ばれ他の臓器で成長を行う転移がんです。

もっと読む

Copyright © 2016 がんの転移を事前に防ぐ|早期発見のためにも健康診断を All Rights Reserved.